SUNLINE がまかつ DAIWA 磯釣り グレ チヌ

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本海 浜坂 グレ釣行 - 2014.06.26 Thu


平成26年6月23日 浜坂渡船で浜坂のグレ楽しんだ
前回 三尾で大型狙いで行きましたが、ムラがあるので
浜坂の方が良いのでは?と判断しました

2年ぐらい前は藤岡渡船でしたが今は浜坂渡船として営業しています
久々だったので、どこに降りようかと迷いました
過去の実績と今回も友人Fさんも一緒なので確実なところで
荒磯大島に降ろしてもらいました

26年6月 浜坂 荒磯大島

沖に出る潮がくると初心者でも楽に釣れ、良い経験になるのですが
当日は右から左へと終日変わらずの状態でした
当日の配合で、良く使うコンビです

グレ配合

ここでのポイントとタナ、挿し餌と撒き餌の投入点を簡単にレクチャー
イキナリ一投目から良い引きで上がって来たのは
足裏サイズのサンバソウ もう少しでイシダイって呼べるのでは?

サンバソウ 引きは強いがサイズはあと一歩


足元には、コッパが沸いてきています
比較的、数が少ないので分離は容易でした
1時間もやってると、リリースサイズも含め10枚以上釣れてます
25cm以下はリリースと決め、打ち返します
微妙なサイズが時折混じります。
イチイチ計測しないので主観ですが、重量と引きの強さで判断します
打ち返しで終日忙しく、写真を撮り忘れました
満潮は10時頃で、日本海ではそれほど潮位も変わらないはずが
波を被る事が多く、道具を上に置きに行き、Fさんは私の釣座へ移動して貰いました
私は、1時間休憩です 
Fさんの釣り方や魚の取り込みを見て、アドバイスしたりしてました

この日は、曇り予報でしたので、幾分か過ごし易かったです
でも11時ごろには厳しい・・・人間には辛い時期ですね
Fさんは、釣果をスカリに入れていましたが、荒波にもまれて引っくり返り
グレちゃん達は全て逃亡してしまったらしいです
メチャメチャ大漁で、スカリが持ち上げられん位やったのに・・・
最後の一匹だけはお持ち帰り出来た様ですが・・・残念
自己新の30cmと32cmだったのにねぇ~! また直ぐ釣れますよw
私の釣果から家族分お裾分けで、嫁入りしました
ソコソコ釣れたのですが、沢山あると帰ってからの捌きが大変です
お隣さんとお向かいさんにも嫁に行かせました

嫁入りしても、まだ沢山居ますね

それでもまだ、こんなに沢山・・・頑張って捌きました^^
梅雨グレはもう終りかな・・・?行けるかな??


一日一回クリックお願いします 
        ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

新温泉町 三尾にグレ狙いで行ってみた - 2014.06.04 Wed


昨年から、ずっと行きたいと思っていた三尾へ来ました
上物はムラがある様です
しかし期待感でいっぱいです

磯は一番奥の 伊笹岬 
5ヒロ下で40cm位のグレを確認したが食わない
27cm程の足裏サイズを筆頭に小型グレで楽しんだ
アタリが非常に少なかったので14時上がりを延長し磯代えした

次はこばん周辺のの地磯へ

三尾 こばん地磯

ここでは終始、グレのアタリがある
コッパが多かったが30cmを1枚追加できた
この日はムラがあったが30cm~40cmも出ている日もある

梅雨がまだ来ていないのに夏の様な気温と日差し
磯釣りには厳しい季節になりましたね
もう一回位行けるかな・・・?



一日一回クリックお願いします 
        ↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

風を釣る! - 2010.06.29 Tue

2010年6月27日(日) 大潮  干潮 7:48 満潮 13:47  

龍野荒磯・相生荒磯・磯闘会合同 浜坂グレ釣り大会開催
梅雨の雨の中 22名の参加者でした

くじ引きで磯割りを決めます!
なんと!私は1番を引き 浜坂湾を出て右側 黒島へ渡礁

雨も少なくなり、早速釣り開始です!
エサトリは比較的少ない感じです!

船頭の話ではハリスは1.2~1.5号位で無いと食いが悪いのではとの事
私は1号でスタート!

早速竿を曲げるのは15cm程の木っ端グレ 幸先良く楽しませてくれます
暫くすると撒き餌が効き出し大量のオセンが沸いてきました
でも十分分離できます 日本海のエサトリは結構素直で助かります

1~2時間程で雨も上がり雲の合間から晴れ間が見えてきました
その代わり急に強風が吹き始めました
 最大6m位でしょうか

時々、手に持つ竿が風で持っていかれます
竿先を海中に突っ込まないと道糸が風で舞い上がりウキとハリスがコントロール不能にw
つま先をグッと丸め、腰を若干落とし踏ん張ります

浜坂 黒島
海面はこんな感じです クリックで拡大できます

風が強すぎて上潮が走りすぎて2枚潮に!
ウキと潮受けが一直線になって水深50cmの所から沈まない
追加のガン玉とラインコントロールで何とか沈めていきます
挿し餌さえ沈めればオセンのタナを突破しグレのタナへもって行けます
しかしグレのタナと言っても木っ端ですがw
ココから大きいサイズが潜むポイント・タナに挿し餌を運ばなければ・・・ムズイ

釣れてくるのは木っ端ばかり・・・
大会規定は5尾重量と最長寸魚の重さですから15cm以下はリリースそれ以上は一応キープ

タナは3ヒロでスタートし2ヒロまで上げた時もありましたが出来るだけ大型を狙いたいので
3~3.5ヒロが中心になりました

久しぶりのグレ釣りだからでしょうか?15cmの木っ端でも、もの凄い引きです
20cm位だと30cmオーバーかと思わせる引きです
しかし20cmのグレに玉網は流石に使いませんが・・・
風が弱まるのを待って抜き上げる程ですw
ハリス1号だと良型を掛けるとブチブチに切れますw
5連発でハリス切れしてから1.75号にアップ! これでOK

グレを釣る度、キーパーバッカンに入れますが強風で竿は飛ばされるし
撒き餌バッカンや水汲みバケツが飛ばされそうになるわ、手返し良く釣らなアカンわ
大忙しですわw

結局納竿13:00だったんで12:30まで頑張りましたが
南側山向きでは大型は出てこず、西側山側向きで撒き餌を3つに分け打ちし
オセンのタナ・木っ端のタナ・こぼれた撒き餌を拾うグレのタナの3つに分離しました

この日の潮では、こぼれた撒き餌を拾うグレも足裏位が最大でした
開始から終了までグレを釣りつづけ50~70尾は釣ったでしょうか・・・しんどw(ぼそっ)
グレを釣ったのではなくタイトル通りの 風を釣った 感じですよ

お陰で踏ん張りすぎて
足の甲と太ももの内側・外側全部筋肉痛ですw
歩けない・・・w


2010 浜坂合同釣果


大会結果は
グンカン・赤島・エイシャン辺りで30cmオーバーの良型が多数釣れてました
最大は43.5cmの口太を Y本 博さんが釣られて、ぶっちぎりの優勝!
素晴らしい!グッジョブ!
日本海で50オーバーも出てるらしいけど、このサイズを浜坂で見たのは初めてです


私は前回6位だったのでランクアップを狙ってたんですが・・・
15位位で惨敗でしたw
しかし!景品は 松田ウキ 00号を2個ゲット! ←1個¥3300w 高い

合同大会賞品 松田稔 松三郎ウキ

でも・・・出来れば0号に・・・いや B号にしてくれw

今回も沢山の方との交流・釣りを満喫しました
もう暑過ぎる季節になりましたが・・・もう1回行こうかな? 釣りバカじゃw
 



ぽちっとお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


島根県 隠岐の島釣行 大森島 ベット - 2009.11.10 Tue

2009年11月8日 小潮 満潮 4:41 干潮 13:09

福井県若狭大島以来で、遠征釣行!真面目な釣りです
最近は家庭サービスに徹してしましたがそろそろ寒グレシーズンを前に
ソワソワしてきて我慢出来なくなってきました
知り合いの方から急遽『明日、隠岐の島へ行かへんか?』と誘いの電話
行きたいのはやまやまですが・・・明日の夜出ますか・・・?
直ぐに奥さんへ確認の電話を・・・『明日の夜から釣りに行ってええか?』と聞くと・・・
『どうせ行くと決まってるんやろ、聞かんでもええやん!行って来たら』と怒り口調で応答
よっしゃ~~快諾や~!

都合良くポジティブ!良い様にしか聞き取りませんw
早速前夜は道具のメンテナンス!携行品のチェック!を行い準備万端です!

岡山でお誘い頂いた八釣会のMさんと合流し 中国道-米子道を通り鳥取県境港へ
七類港でチャーター船 浜吉丸に乗船 隠岐磯へ直行 約2時間の船旅です
乗船時に隠岐釣行のガイド&釣行の段取りをして下さった岡山閑谷釣りクラブのMさんと合流
挨拶を済ませ、4時30分頃の出船 私たちは大森島 ベットというポイントへ渡礁

隠岐の島 大森島 ベット 


グレ・尾長グレのアベレージサイズは40cmと聞き太めのタックルをチョイス

 竿    DAIWA MEGADRY 1.7-50
       リール  daiwa Impult 2500 LBD 
       道糸   VARIVAS Vermax 磯 Strong VA-G 3号3.0号 
       ウキ   Grex 3B ガン玉 ウキ下にB  ハリスへ G5
       ハリス  東レ トヨフロン Lハード 2.5号
        針   がまかつ あわせ尾長 6号  


早速挿餌を投入していきますがミニミニウマズラハギやミニミニサンバソウの歓迎をうけます

ミニサンバソウ 

入れ食いで沸きまくってます 暫くすると20cmちょっとの木っ端が釣れましたが
ここでのアベレージは40cmという事で30以下はリリースと決めていましたのでリリース
海を見る限りグレの姿は全く見えなかったのですが鋭いアタリでウキが一気に消しこまれました

竿を立て合わせるとドラグジーーーージーーーーーと鳴りラインが出て行きます
沖へ突っ走った後に手前へ突っ込んできて竿を目一杯沖側に迫り出し耐えます
MEGADRY1.7号が弓なりで気持ち良い~
右へ左へ走る青い魚体を往なし浮いてきました・・・・あれ?尾長ちゃうやんw

40cmのツバスでした  旨いからまぁえっか尾長グレが来たんかと思ったでぇ

午前中の釣果はこんな感じです229

隠岐 大森島 午前中の釣果 

腹ごしらえを済ませ夕まずめに良く釣れると聞いたのでボチボチ再開します

しかし釣れて来るのは相変わらずサンバソウとウマズラ・・・
時々バリ(アイゴ)が良い引きを楽しませてくれます

グレが居ないので仕方なくバリもお持ち帰りする事に395家族へのお土産は大事ですよね

 

 

あまりにもグレの姿が見えないので八釣会のMさんのところへ・・・

すると足元のサラシで40cm口太ゲット!素晴らしい

『腕が痺れたから、そこで釣ってみてん』と場所を1時間程譲っていただきました

しかし1時間で2匹だけ・・・しかも1匹は木っ端w

隠岐の島 大森島 ベット グレ釣果 

夕方の地合も無く16:15納竿としました

そういえば若狭大島の時も、風裏で潮がベタ凪で全く貧果だった・・・

午後からはバリを5枚とグレ2枚をキープしただけで後は全てリリースでした

道具を片付けて船を待ちます 遠くに二又島が見えます

隠岐の島 二又島 

17時だというのに、あっという間に真っ暗になってきました

すると無数の蚊が攻撃してきました39911月でもスキンガードは必携ですね395

是非一度行きたかった隠岐の島 情けない程の貧果でした

初めての所はこのパターン多いです もっと沢山の情報を集め良いコンディションで行けるようにしないとね

釣れなくても楽しかった釣りバカ野郎のガッツだす!です


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

福井県 若狭大島へ行ってきました - 2009.07.16 Thu

7/15 福井県若狭大島釣行 
   小潮  満潮 7:29 干潮 14:50  最高気温 33.2度 南の風 2m MAX 7m

グレ狙いで何処かに行こうという事で灼熱の夏磯釣行を企画しました
四国西南部は釣れていると情報が入っていますが、日帰りでは予算・日程的に厳しいので
小豆島か日本海で少しでも大型が狙える所に行こうと今回は福井へ初めて釣行しました

今回お世話になったのは あみや渡船さんです


4:30出船 12:00納竿の予定で私と龍野荒磯のFさんがモトドリ4番へ
同じクラブのK西君とその友人のTさんがモトドリ2番へ渡礁しました

ここは足元からドン深で12m位でしょうか・・・水深が結構あります
スタート時は風は2m程で、ちょっと吹いてるな~って感じでした
竿を出すと釣れて来るのはアジ・アジ・アジ・アジ しかも10cm以下の豆アジばかり・・・
右も左も沖合い20mでもアジ・アジ・アジのアジまみれw
時々オセンやベラが釣れて来る程度です
これでは全く釣りになりませんねぇ~
水温は24度位でしょうか・・・温水ですw これではグレも食ってきません
水深のあるモトドリなんですが海底の状況が一目で分かるほど澄みきっています
海底に大きな割れ目が沢山あるので、グレはそこに入っているのでしょうね
海底近くまで刺し餌を落としていきましたが全く食いません
エサトリ対策にボイルも用意しましたが、エサトリですら吐き出します
ボイルよりも生加工餌でエサトリを突破する釣り方をした方が釣果に繋がりそうです
今回はさっぱりだったんですが良い時期に改めて来たいですねぇ

福井県といえば東北地方の玄関口ですが姫路からだと舞鶴道を使えば3時間で行けます
土日のETC割引 どこまで行っても1000円なら更に行きやすくなります
穴場中の穴場のポイントでは50cmオーバーのグレの他に60cm尾長も釣れているとか
日帰り釣行がメインの私には嬉しい場所でした!


ぽちっとお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

龍野荒磯・磯闘会合同グレ釣大会IN香住 - 2009.06.29 Mon

平成21年6月28日(日) 龍野荒磯・磯闘会合同グレ釣大会 IN 香住

中潮  満潮 7:54 干潮 12:44

昨年は雨後の曇りでジメジメしてて偏光グラスが曇る程のサウナ状態で辛かったんですが
今回はカラッと快晴の夏磯でした
23人の参加者で磯上がりのくじ引きで私は1番 2名での渡礁です
龍野荒磯のK野さん(クラブの連絡係りの方です)と浜坂港を出て直ぐの無名磯へ上がりました
磯の上ではトーナメント方式で2時間交代で釣座を代わる事を決めました 
大会ですのでフェアでなければいけません本格的です

6時開始! K野さんは左前で私は右側奥から沖向きを狙います
開始1時間は木っ端グレの猛攻です 時々手の平位のサンバソウが良い引きで遊んでくれます
木っ端などエサトリがウジャウジャいるので申し合わせた訳では無いのですが
K野さんは右足元へ私は左前足元へ同じ場所へ捨て撒き餌を打ち木っ端を分離させます
その隙に15~20m沖を狙います
木っ端ばかり釣れてきますが5尾重量という大会規定ですのでキープとします

そのうちSZ トーナメントISO 1.5号をグイグイと締めこむ引きです!
良いのが来たぞ~と内心ウキウキw浮いてきたのは手の平より一回り大きいサイズ

21年6月グレ例会 まず1尾
20cm強のサイズ 意外と小さいのでガックリw
でも小さいながらも引きが強烈で元気いっぱい!楽しませてくれます


8時になりました!2時間後の釣座交代です始めのうちは少し沖向きに潮が動いていたので良い感じだったんですが潮が止まってしまい
木っ端グレ達が沖のウキ目掛けて走り出しますw ポリポリ参ったな
左側の足元にサラシが出来ておりザワザワしてる20m先にも根が張り出しているので
その辺りを狙っていきますが全く生命反応なし
ちょっとブレイクタイムでお茶など飲んで休憩です
K野さんに声をかけ、如何にもって感じの左側の事を話すとK野さんも狙ってみたが全くとか・・・
やはり沖目を狙うしかないのか・・・と足元の木っ端を見ると怯えた様子
青物でも入ってきたのかなぁ~と見てると
35~40cm弱でしょうか?グレが水面のほうへ浮いてきて反転運動をしました
足元におるやん!と狙ってみますが出てきません
沖目で時々キープサイズのグレを拾います

21年6月グレ例会 まず2尾目

ここで2時間の釣り座交代です 10:00です

刺し餌はハードタイプの加工餌ですがボイルを使うほどでもない感じで
3ヒロのタナでも刺し餌が残っています
エサトリは沢山いますが捌き易く分離し易い状態です
浅いタナでエサトリは固まっていて2ヒロより下には追いかけていかない様子です

ここで作戦変更です
3ヒロだったタナを2.5ヒロへ 固定へと手返し重視の作戦です
足元へ木っ端を分離させながら縦長に撒き餌の帯を作り、その先へとウキを投入させていきます
少し沖へと潮が動いているせいもあり撒き餌の沖で良型がウキを消しこんで行きます
掛けたグレは必ず左前のK野さんの釣座の足元へと突っ込んで行きます
往なしながら根に入られないように寄せてきます
ドンドンウキが入って行き入れ食いモード始動
21年6月グレ例会 入れ食いモード始動!

しかし1回毎にハリスが根ずれで傷んでいる為仕掛け交換です タイムロス
時間が勿体無いのでK野さんにも右側で入れ食いだと知らせました
きっと知ってるはずですがお優しい方で狙わずに譲ってくれてるんですね
私の釣座からは右側は浅くて、そこしか狙えないからですw
二人で入れ食いを20分ほど楽しんでから納竿としました

日本海 浜坂グレ釣果報告
今回の釣果です!この他木っ端グレは多数リリースです!
でかくなって又楽しませて欲しいですね

最終大会結果を見ると 2425g 6位の結果でした
30cm弱のグレばかりだったのでこの位ですね
でも日本海の夏磯グレは元気いっぱいで十分引きを楽しませてくれました!
冬のグレ釣りへのイメージトレーニングをしながら良い練習になりました

今回頂いた賞品はこれです
合同グレ釣り大会景品
ぽちっとお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村


龍野荒磯・磯闘会合同グレ釣大会IN香住 釣果報告 - 2009.06.29 Mon

先ずは釣果報告!
詳細は今夜アップ予定です!


日本海 浜坂グレ釣果報告

ぽちっとお願いします
にほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ
にほんブログ村

日本海 鳥取県網代 長島 - 2008.10.09 Thu

10月5日 磯闘会例会を行いました
今回は鳥取県網代の磯へ釣行しました(西垣渡船利用)

時期的にデカバングレの期待は少ないのですが事前情報ではカンパチの子、イシダイ、中アジ、アオリイカ、チヌが順調に上がっているらしいです

当日は生憎潮が悪く餌トリしか釣れない状況でした;;
サンバソウが沸きまくり、何処に入れてもサンちゃん、サンちゃん^^;
手前に思いっきり撒き餌を打ち、30m先に遠投!撒き餌は打たない!
すると・・・1分ほどで浮きが消しこんだ!!
ググッと竿に重みが・・・!近くに寄せるとやっぱりサンバソウ;;
どうやら浮きの抵抗が大きかっただけでしたw

近場では大量に沸くサンバソウの下に時々青白いグレが見えています
あまり大きくないサイズですね
餌トリをかわしつつグレの口元に餌を届ける事に終始努めました
しかし残念ながら7~8匹釣った頃でしょうか?
船頭さんが回ってきました!釣果を聞きに来たのかと思ったら

撤収だった!!

波は1.5m程だろうか・・・ちょっと高かったんですが安全第一の配慮です
私は3回ほど頭から波をかぶりましたが、何とか道具もさらわれずに済んでました

今回3賞を用意しておりました釣果には繋がりませんでした
1位は3匹長寸です!(異例の3匹合わせた長さw)内30cmのイシダイが入ってます
2位は総数で60匹以上を釣られました
3位は魚種数で7種類を釣られました
入賞商品の中には 
新製品 グレメタル1.5号 ブラウン・グリーン 各1巻 店頭価格7000円相当が入ってます
話題の商品ですから喜んで頂けました!

大型が釣れない時期ですが意外と楽しめました!

11月末頃には四国釣行ツアーを企画中です!
今度こそはデカバングレを!と期待満々のガッツだす!です

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

日本海 浜坂 田井の壁 西ヶ崎 - 2008.08.04 Mon

7月に入り真夏日が続く中 グレ釣り大会の為日本海に向かいました
前回同様 日本海 浜坂周辺に渡磯しました ( 藤岡渡船利用 )

今回は大会だったので抽選で田井の壁 左側に位置する西ヶ鼻の湾側(内向きに降りました)
磯マップ情報はリンク 日本海但馬の釣り情報より田井の壁周辺を参照してください 

田井の壁といえば有名な磯で、基本沖向きでグレ・チヌ 遠投や潮に乗せて真鯛なども狙えます

前回の釣行ではグンカンに降りましたが位置的には近い場所にあります
青物狙いが多く沖磯に人が入る事が多く、地磯側には最近降ろしていないそうです
お陰でエサトリが少なくこの季節にしてはやり易いはず・・・・??
いやいや・・・エサトリだけでなく本命のグレも少ない

右側の田井の壁の大きな洞窟側はエサトリも居ない状態
沖側を狙うしかないな!と腹を決めたんだが、この位置からだと風に乗せることも出来ない
沖に払い出す潮もない状態でして厳しいなw
エサトリも少ないので只管、撒き餌とサシエの同調をイメージして可能な限り沖狙いです

夏磯は灼熱地獄・・・人に非常に辛い季節ですね
おまけにこの日は6時頃に夕立が降り涼しくなるのかと思いきやムシムシのサウナ状態
偏光グラスが曇って前が見えなくなるほどです・・・正直参ったなw
こんな散々な状況でしたが釣果は31cm・26cmの他には木っ端グレばかりでした。大会結果は15位でした

条件が厳しすぎる釣行でしたが季節が変われば右手の田井の壁辺りに降りてみたいです
いつも糸の先には大物が・・・と期待満々のガッツだす!です

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

日本海 浜坂 グンカン - 2008.07.29 Tue

6月末 梅雨グレを狙い日本海に向かいました
今回は日本海 浜坂 グンカン に渡磯しました ( 藤岡渡船利用 )

磯マップ情報はリンク 日本海但馬の釣り情報より荒磯周辺を参照してください 

グンカンといえば一級磯で、北向き沖を狙えば青物や真鯛なども狙えます
東向きが本命です。沖合い20~30m先にシモリがある様で30cm位のが食ってきました

この日は3人で上がっていたので釣り座が限られています
運が悪く北向き沖側は若干波が高く、さらわれてしまいそうなんで西・南・東向きに分かれました
私はグンカンが初めてだったので本命の東向きで釣らせてもらいました
型も32~33cmを筆頭に、数は40程を3時間で釣れましたので他の人と交代しました

その後南向きで竿を出していましたがエサトリが非常に多いです
手前から撒き餌を3つ位打ち、その沖に2つ又その沖に1つと分散させて
更に遠いところにサシエを投入、撒き餌を少量被せ、道糸をやや張り気味にしてアタリを待ちます
浮きがシモリ、上がってきたのは23cm程度のグレです
南向きは型が小さい様ですね
この日は棚が浅く2ヒロ切る位だったのでウキは0で、ゼロスルスルで良い感じでした

もう少し型・数を期待していましたが、青物狙いの夜釣り組みと入れ替わりで渡磯したんで
撒き餌が絶え間なく入っている状態ですので多少釣果に影響しているのかも知れませんね

又改めて渡ってみたいと思います
いつも糸の先には大物が・・・と期待満々のガッツだす!です
にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 磯釣りへ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

天気予報

 

Twitter

タイドグラフ

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

四国釣行 (17)
和歌山釣行 (22)
日本海釣行 (10)
淡路島釣行 (4)
釣行日記 (16)
釣り道具 (23)
雑談 (46)
未分類 (1)
家島群島 (32)
小豆島 (6)
報告 (6)
Shop (3)
妻鹿 日の出渡船 (2)
ファミリー (2)
映画 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。